« 2009-07-20 富士見池へ | メイン | 2009/09/04 利根川へ »

2009/08/23 岡山へ

岡山県にある、プロショップビックワンの大会にゲスト参加するため、旭川ダムへ行く。なんと、オレとしてはボートでやるのは初めてのレイク。シーズン中はかなりの数のトーナメントも開かれていて、この地では、メジャー中のメジャーレイク。上流域にはレンタルボート屋さんもあり、何で今までやりにこなかったんだって所だ。車でレイクに沿って走っていると、見た目まんまの川の様なレイク。かなり特徴的な場所だ。当日はビックワンの息子さんも同船しての釣行。禁止エリアだったり、スローダウンエリアがかなり複雑に存在しているので、一緒に乗ったほうが良いよってことで釣りをしていく。スタートと同時に、かなりのボートが上流へ向かっていく。このシーズンで川型レイクといえば、流れのある上流はお約束だもんね。で、オレは下流へゆっくり進む。狙いの魚は、ベイトがらみのディープダイバーフィッシュ。トリプルフル投げまくっちゃうから根って感じだ。スタートしてすぐにベイトの反応が出始めてきたので、とりあえず沖目のフラット部中心にトリプルフルで流していく。なんとすぐにバイト。でも、ハスだし。しかもダブルストライクしてるし。これってもの凄い量のハスが居るんじゃないの?ってことはビックフィッシュありだろうと、開始早々から投げっぱなしの展開になる。下りながらみんなの動向を見ていると、やっぱりフラットサイドが岸によって、岩がごろごろしているような流れの当たるエリアに固まっている。一級エリアは人が多くて投げきらないので、ベイトの有無だけを探してやっていくが、バイトは無い。途中シャローにベイトを目視できたので、トレジュで水面を攻める。するとなんとこれが”ハス”に大当たり。ハスに続くハス。一体何匹釣れてきちゃうのっていう感じで、トレジュにガンガン出てきちゃう。オレ的にこんな感じって初めてだし。トレジュがすごいのか、このダムがこんな感じなのかわかんないけど、なんだか凄い所だなと驚く。だって、ハスだってフィッシュイーターなわけだから、ベイトがしっかり居ない限り、こんなにたくさんいるわけが無い。ってことは、バスにだって良いレイクに違いない。ただ、川型レイクに多く見られる、増減水が激しいと、個体数は望めないが、良いサイズは居るはず。で、とにかくディープクランク投げまくりで、どんな感じになるか見てみたくてやり続ける。数回小バスが食ってきたけど、ビックバスは来ない。やっぱりちょっとやり過ぎたかな?と考えつつも、でもね、やってみたいしってことでやり続けてみる。で、終了時間まで巻き倒して終了。ウェイインでは何匹かのすごいナイスフィッシュが、出てきていた。殆ど上流部で釣られたらしい。やっぱり食い気のある魚を狙わないとダメだったらしい。いくらベイトが居ても、しっかり流れが出ていないとね。まるでリバーバス的な旭川ダム。来期は必ず、やりに行っちゃいますからね。ビックワンさん。その時はよろしくお願いしますね。

コメント (2)

アブ:

シュリルピンって復刻なりませんかね? ^^;

BIG ONE 田邊:

その節はお忙しいところ大変ありがとうございました。おかげで随分と盛り上がった大会にすることが出来ました。来期も是非やりたいなと考えておりますので必ずや、やっつけてやってください。
あっと、冬の旭川ダムも攻略お願いします。笑
では、今後ともよろしくお願いいたします。
BIG ONE 田邊

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年11月19日 00:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2009-07-20 富士見池へ」です。

次の投稿は「2009/09/04 利根川へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。